プロフィール

翁川花伊子

profilephoto

現象学的関係療法家。産後カウンセラー。博士(社会学)。専門社会調査士。精神対話士養成講座修了。名古屋大学大学院博士後期課程満了。日本学術振興会特別研究員DC・PD、椙山女学園大学、武蔵大学、東京成徳大学など歴任。専門は現象学的相互行為論。

「家族とは何か」、「自己とは何か」、「女性はどう生きるべきか」という3つの疑問から社会学を始め、大学院時代にDV被害者女性支援の現場を経験し、政令指定都市のDV防止センター立ち上げ研究会に関わる。これまでに「家族関係論」「人間関係論」「社会心理学」「生きることの社会学」「記憶と歴史の社会学」など社会・心理・家族・自己・コミュニケーションに関する講義・ゼミナールを多数担当。

子どもの誕生をきっかけに、野口整体とプロセス指向心理学に出会う。それらを通してこれまでの研究知見をさらに昇華させ、現代社会おいて母となる女性の心と関係性の支援の必要性を確信し、それこそが子の健康と幸福と自律をもたらし豊かな家族を創造し平和につながると考えるようになり、臨床を志す。

プロフェッショナル・プロセスワーク・インスティチュートにて富士見ユキオ先生・岸原千雅子先生より精神分析の流れを汲んだ関係療法をはじめとする心理療法の技術を、マタニティ&ベビー整体の小平整体塾にて高橋秀和先生より野口整体の手技を学ぶ。

人間の「個」、ならびに「個と個の関係」を尊重し、状況を心・精神・関係・家族・社会・文化・記憶・歴史・身体・深層心理などの多層的文脈から多次元的に捉え、循環的・総合的にサポートする。

自治体における子ども子育て審議会委員、男女共同参画プラン推進会議委員などを務めるなど、女性と子どもをめぐるアウトリーチ活動もおこなう。

好きな言葉は「どんな葛藤も宝物に変わる、そのための錬金術はある」。好きなことは古いびん集め、庭仕事、野草やハーブの活用。

2016年、神奈川県逗子市にて「さんごの暮らし相談室 月と太陽」を創設。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM